柳生会主催:流祖上泉伊勢守信綱公追善供養・奉納演武 
 平成23年6月12日、妙興寺(妙興報恩禅寺)において、柳生会(柳生宗家)主催の流祖上泉伊勢守信綱公追善供養・奉納演武が
挙行された。 例年の柳生会全体合宿を前日11日、日本ガイシホール(名古屋市南区)において行なわれており、東京や外国から
も会員が参加していた。
柳生新陰流の流祖・上泉伊勢守信綱公は、群馬県前橋市上泉町出身の剣聖と尊称される兵法家であり、柳生但馬守宗厳(むね
とし、後の石舟斎)に新陰流を印可相伝した人物である。
上泉伊勢守は、上杉謙信・北条氏康・武田信玄の覇権争いの間で、地元の盟主であった長野氏のもとで武田信玄と闘い敗れ、武田
信玄に仕えた。その後、信玄に全国への新陰流普及を理由に仕官辞退を申し出、影響下にあることを表す、信玄の一字を与えられ
(秀綱から信綱に改名。)、惜しまれながら許され、自分が創始した新陰流を天下に示すために京都へ向かった。その途中、伊勢の
剣豪大名・北畠具教や奈良の宝蔵院胤栄(いんえい、宝蔵院流槍術開祖)、柳生宗巌(柳生新陰流開祖)に出会った。
妙興報恩禅寺は、貞和4年(1348)開山の臨済宗妙心寺派の禅寺であり、江戸時代までの東西幹線道路であった鎌倉街道(中世の
東海道)の遺構を東側にみることができ、上泉伊勢守の往来があっても不思議ではない。
上泉伊勢守追善供養・奉納演武が挙行された妙興寺には、「負けない奥儀」 柳生耕一氏(柳生新陰流22世宗家)著で紹介されて
いる黒沢明監督「七人の侍」の名シーン<妙興寺の納屋に子供を人質に閉じこもった賊を、侍が僧形となり握り飯二つを絶妙のタイ
ミングで投げ与え、二つ目の時に、つい刀を放した隙に素手で取り押さえた場面> = 無刀取り発祥の逸話があり、これに因んで
行われた。
この逸話は、「正伝・新陰流」(昭和32年柳生厳長氏著)の中でも、「流祖・上泉伊勢守信綱」の章をおこし、柳生宗家に伝わる「明話
之目録」の巻頭第一に記されている史実として、記述されている
私が、今回の流祖追善供養・奉納演武に陪席できたのは、一宮のまちづくり活動のなかで、妙興報恩禅寺における上泉伊勢守の
エピソードを知り、強い関心を持ち、県立図書館等での調査を行ってきた。このことから、孤雲室老大師のお口添えで柳生新陰流
兵法第22世宗家柳生耕一氏に参加を認めていただきました。     感謝
 
     
演武会場の石庭「尼連禅河」(にれんぜんが)    演武者の始めの挨拶  
     
 三学円之太刀 第一、一刀両段    同 第四、右旋左転 
     
 九箇之太刀 第一、必勝    同 第四、和ト 
     
  相雷刀八勢法 第一、相雷刀合撃    同 第八、水車勢先撃
    (右側が
柳生耕一
氏です)
 
  燕飛之太刀 第一、燕飛    同 第三、山陰 
     
     
追善供養   柳生耕一氏(左)と上泉伊勢守の子孫の上泉氏(山形県
米沢市)の焼香
 
     
孤雲室老大師の法話
「禅と剣道の修養について」
   参加者全員の記念写真 (大きな画像へ
     
境内見学「上泉伊勢守修道跡石碑」前     当日、記念にいただいた柳生さんの著書、平易な文に
工夫されており読みやすいです。