静岡県東部<富士市>の鎌倉古道(街道)について
富士市は、西を富士川流域、東を浮島ヶ原地域で構成され,北部には、日本一の富士山とその南麓が市街地近くまで迫っている。南部は駿河湾
に面しており、海岸には、高さ10m位の砂丘地帯がある。運が良ければ新幹線の中から富士山が見えるが、冠雪の富士山が一番好きである。
背景の関係から富士川周辺から見る富士山が特に良いと思える。諸説あるが、万葉歌人の山部赤人が「富士の高嶺」と詠んだ場所の一つと推
測される。
このように優れた風景であるが、東海道新幹線新富士駅から富士山を望むと近くに多くの煙突を見ることになる。吉原公園西に「富士南麓製紙業
発祥の地」碑があり、豊富な伏流水を利用した製紙産業が明治22年から始まり主要産地として富士市が発展してきたことがわかる。残念なことに
昭和40年代頃までは、全国的に煤煙や汚水・ヘドロ等公害が社会問題となった。富士市でも住民運動の成果と公害関係法規の整備により、公害
問題は解消したと思うが、多数のエントツの存在感は重過ぎるものがある。富士市役所はエントツ名簿を作成し、平成3年度調査で高さ5m以上の
エントツ272本の景観形成基準の指導を行っている。大きなエントツと排出される水蒸気を中心とした煙は、何んとなく不安を感じるが、私は富士
市内を街道調査のため自転車で三日、歩きで二日間過ごしたが、目や鼻に感じる異常が無く、他所と変わりがなかったことを確認した。
さて、中世までは富士川は十六夜日記で阿仏尼が15瀬を渡ると書いた乱流地帯であった。本流は東にあり、河口は田子の浦港周辺とされ、現在
の市街地の西半分は乱流地帯の中と推測されている。富士市史によると、富士川は大きな流域面積に比べて、下流の扇状地の広がりがあまりに
も小さく、また長大な川であるにもかかわらず、その下流部が極端に短いという特性を持っている。このことから富士川の急流で運ばれた土砂は、
駿河湾に注ぐが、汐の流れと南風で海岸に運ばれ砂嘴となり堆積し、高さ10m以上の砂丘を作り、西は富士川から東は沼津港までの広大な砂丘
となっている。そして、この砂丘は広大な浮島ヶ原の海側を締め切り、湾口等が閉じ込められて潟湖(ラグーン)となってきた。潟湖は、大小の沼が
点在し、総称して浮島沼と呼ばれていた。沼の周囲は、浮島ヶ原と呼ばれていた約20平方キロメートルに及ぶ湿地帯であった。海面との標高差
がほとんどないため、大雨や高潮の被害が多く、昭和30年代まで腰や胸まで水に浸かって田植えを行う程であったが、昭和30年代頃までに治水
事業等が施工され、現在は美田となっている。
この地理のため、古代の東海道は市街地の北側の県道22号を遺構とする根方道を、中世時代は、富士川河口を渡河し、田子、鈴川、柏原、沼
津市原町と進む浦方道、江戸時代東海道は、高潮を避け、2古街道のほぼ中間地にと変遷してきた。
参考資料
〇「静岡県歴史の道・東海道」・平成6年発行静岡県教育委員会
〇ホームページ<静岡の「みち」>

〇富士市史(上巻) 〇「ふじさんぽ」(富士市観光ガイドブック・マップ付)2016・3富士市観光課
〇富士市の歴史文化探訪<富士山>・平成28年3月発行(市民部文化振興課)
〇守りたい貴重な自然<浮島ヶ原自然公園>(都市整備部みどりの課)
〇御ア坂(みさきさか)のいわれ・吉永郷土研究会(御ア神社前にチラシ配布ボックスあり)
***アドバイス
〇新富士駅観光案内所(源太坂碑の場所というマニアックなことを丁寧に調べて教えていただきました。)
〇鰍bREEK<富士市宮島>小林社長 (富士飛行場跡や田子の歴史について教えていただきました)
***レンターサイクル
 〇新富士駅観光案内所   〇岳南鉄道吉原駅   〇富士グリーンホテル  
 古代〜中世における富士市・沼津市の街道のイメージ
 

 富士市の街道<古代東海道=根方街道>
 
     
道の駅・富士楽座<富士市岩淵>
施設概要は静岡県道10号富士川身延線の道の駅である。施設はハイウェイオアシスとして富士川サービスエリアに併設されており、東名高速道路上り線、富士川SAからもアクセスできる。富士川をテーマにした参加体験型の科学館にもなっており食事ができ、遊びながら学ぶこともできる、多目的複合型施設である。
国土交通省「中部の道の駅」HP引用>
二階に国土交通省の説明パネルが数枚あり、右蘭のパネ
ルで中世の富士川の乱流状態をイメージとして理解できた
ことが最大の収穫となった。
平成29年9月8日、JR富士駅近くのグリーンホテルで借り
た自転車で訪問するが、外部塗装工事の養生シートで覆
われ、休業中であった。このため冠雪の富士山と曇天の景色を再撮影するため富士市方面に行く機会を作り、平成30年1月28日に当地に赴き、撮影した画像である。
  中世の富士川流路<富士市岩淵・岩本>
説明パネルの一枚。想像と断ってあるが、十六夜日記に阿
仏尼が15瀬を渡ると書いてある当時の様子が理解できた。
富士川の歴史を学んで、富士市平野(扇状地)、海岸砂丘帯
、浮島沼の母なる源であった。

<海道記>・・・根方道(愛高山麓)を通ると推定
 4月14日 
音に聞きし名高き山のわたりとて底さへ深し富士川の水
  
<解説>
・・・中世日記紀行集(新日本古典文学大系51)
 噂に聞く名高い山の近くの渡(わたり)、その分水底も
深い富士川だよ。
 
<十六夜日記>・・浦方道(海岸)を通ると推定
 
廿七日
 明けはなれて後、富士川渡る。朝川いと寒し。
 数えれば十五瀬をぞ渡りぬる。
<解説>
中世日記紀行集(新日本古典文学大系51)
 27日、すっかり夜が明けてから、富士川を渡る。朝の
川渡りは大変寒い。数えてみれば、15瀬を渡った。
***注***
解説本等では、15瀬を都を出てから渡河した川の数として
いるのが多い。しかし富士川の乱流を知れば、先ほど渡った
川の支流の数を述べたと理解するのが自然と思う。
 
     
富士川に露出する溶岩<富士市松岡>
古富士山から噴出したと推定される岩淵溶岩により川幅が
上・下流に比べ二分の一以下になっており、洪水の原因と
なっていた。(平成30年1月28日撮影)
  水(すい)神社<富士市松岡>
境内の案内書によると、雁金堤防を築いた古郡孫太夫が堤
防工事の完成を願い正保三年(1646)、社殿を造営。祭神
は、水の徳を持った神の弥津波能売神(みずはのめのかみ
 を祀る。元々は富士川西岸と地続き*であり、岩淵村で
祀っていた。江戸時代東海道の富士川渡船場の一部であっ
た。
*注 富士川の支流があったはずであるが、本流に比して
小さいので陸続きと表現したと思う。
     
雁堤(かりがねづつみ)<富士市松岡>
富士川は、多くの支流に分かれて流れていた。度重なる洪
水は、田畑に損害を与えていた。戦国時代が終結し、江戸
時代に入ると新田開発が急務となり、富士川の洪水を制す
る大堤防の築造が絶対条件であった。古郡(ふるごおり)氏
は三代に亘り、この難工事に取り組み、元和年間(1615
〜23)に始まった戦いは、幾度も洪水に見舞われ、やり直
しをしつつ、ついに1674年(延宝二年)、広大な遊水機能
を持った延長2.7キロの堤防が完成し富士市加島平野の
人々や財産を守り続けている。<堤防付属の説明版抜粋
>参考<木屋江戸日記より引用>
この築堤は、対岸の蒲原町側で洪水被害の多発と考えら
れるている。安政大地震(1854年)で西岸(蒲原町側)の
土地が約三丈(9.9m)隆起し、以後、洪水被害を免れる
ようになった。しかし東岸では、加島の大洪水となり、以前
より大きな被害を被るようになった。
  護所神社<富士市松岡>
雁堤の築堤は富士川との洪水との戦いを強いられた難工事
で、堤を築いては流され、開墾しては流され、古郡代官三代
50年の年月と莫大な費用がかかってしまい、全く手の施しよ
うがない
状態が続いていた。
人々は、この上は神仏の加護に頼るほかはないと考え、そ
の日から富士川を渡ってくる者を数え、千人目の人に人柱に
たってもらうことになった。
西岸の岩渕を渡ってきた千人目は、東国の霊場を巡る巡礼
姿の老人であった。人々はこの巡礼に訳を話し、人柱になっ
てもらいたいと心を込めてお願いをした。最初はビックリした
老人であったが、「私の命が万人のお役に立てば、仏に仕え
る身の本望」 と言って引き受けた。白木の棺に入った巡礼
の読経の声と鐘の音が、ここに差し込んだ竹竿から21日間
聞こえたという。以来、巡礼の魂は堤を守っており、人々は
巡礼を神様と崇め、護所神社に祀っている。
<神社前の説明版抜粋>
     
岩本山実相寺<富士市岩本>
久安元年(1145)、鳥羽法皇の祈願により、天台宗の寺
院として建立されたと伝わる。
日蓮が「立正安国論」の構想を練った寺として知られる。
 
  JR身延線堅掘駅<富士市松岡>
古代東海道の記録がなく、しかも地形が変化しており、詳細
は不明である。
「静岡県歴史の道・東海道」の付属地図で想定の街道遺構
を確認し、作成地図に表示する際に当駅をラウンドマークと
して選定。街道遺構のイメージは、実相寺付近から岩松中
学、堅掘駅、県立冨士、ユニプレス兜x士工場と東進し、
潤井川山
橋から千代田町交差点まで北進、弥生通を富知
六所浅間神社まで東進する経路となる。
     
富知(ふじ)六所浅間神社<富士市浅間町>
門前の説明パネルによると
創建は第五代天皇孝昭二年六月十日にして、延暦四年
(785)、噴火が続く富士山頂より当地に遷したと伝わる。
 「静岡県歴史の道・東海道」では、出土瓦から当地周辺を
富士郡家及び貞観六年以降の蒲原駅所在地とする説が
あると説明している。(平成30年1月28日撮影。前の27
日は一日中、富士山が見えたが、本日は曇天であった。前回、宮司さんとお話する機会があり拝殿の右に富士山が見えるとお聞きしたが、残念なことに今回も縁がなかった。)
  松林山妙永寺<富士市浅間上町>
永仁三年(1295)、宗祖日蓮聖人の直弟子蓮華阿闍梨日
持上人の留錫説法跡にて、 説法の霊跡(れいせき)となった
ことから、ここに法華題目堂が建てられ、 布教の拠点となっ
たのが始まりである。伝法の地名もここに由来する。
延宝三年(1675)に至り、本迹院日和上人が、この霊跡に本
堂・尊神堂・妙見堂 などの堂宇を建立され、松林山妙永寺と
公称するようになった。(妙永寺ホームページより引用)
     
富士山光照院秦徳寺<富士市浅間上町>
寺伝
によれば、天長2年(825)に空海が開創した古刹で、
弘安2年(1279)に一遍の弟子覚阿了玄が改宗した時宗
の寺院である。付近から出土した古い瓦が秦徳寺瓦と称さ
れ、古代街道時代の郡家や蒲原駅所在地と推定されている。
  源太坂<富士市国久保・今泉町>
後方に見える富士市教育委員会設置の説明版によると
元暦元年(1184)、木曽義仲追討のため源頼朝は弟の
範頼、義経を総大将にした六万の軍勢を京に向かわせた。
この軍勢に頼朝の重臣である梶原源太景季が加わっていた
。源太景季は、日頃から頼朝の持っている「生月(いけづき)
」という名馬を欲しいと思っており、出発の時、願いでたが、
許されず代わりに二番目の「磨墨(するすみ)」という名馬を
拝領した。ところが、頼朝は後に出発の挨拶にきた佐々木
四郎高綱に「生月」を与えてしまった。
この話を、当地で聞いた源太景季は頼朝の信頼が四郎高綱
より薄いと感じ、ここで四郎高綱と刺し違えて死のうと待ち構
えていた。
 この気配を知った四郎高綱は機転をきかせ、「拝
領したのではなく盗んできたのだ」と言ってっその場を収めた
といわれている。
以来、この地は名馬「生月」と「磨墨」の馬比べをした地とし
て現在に知られている。 
     
昭和20年代の源太坂<富士市国久保・今泉町>
平成29年9月7日、源太坂にたどり着くも源太坂碑が分か
らなく、通過に終わってしまった。 「静岡県歴史の道・東海
道」には、歴史の基点として記述されており、何んとしても
確認したい気持ちが高まった。
 9月29日、新幹線・新富士駅構内の新富士駅観光案内所
で相談したところ、平成12年9月5日号の富士市広報「ふ
るさとの昔話2」の<源太坂>の記事を探していただいた。
そのおかげで源太坂碑の位置と昭和20年代当時の写真
があり、旧道の遺構筋が見えてきた。
  飯盛浅間(いいもりせんげん)神社
<富士市原田(原田公園西隣)>
境内の説明版によると 
祭神は木花之佐久夜毘売命(このはなさくやひめのみこと)。
治承四年、源平両軍が富士川を挟んで対峙の際、源軍は当
社に食糧を置き、守備したことから「飯盛明神」
と称したと伝
わる。現存する文書、記録が乏しく創建年代等は不明である
と記されている。
     
手児の呼坂(たごのよぶさか)<富士市原田公園内>
昔このあたりに、一人の娘が住んでいた。心やさしく美しい
この娘に村の若者たちはほのかな思いを寄せていた。ある
夏の夕方、松原川のほとりを散歩していた娘は一人の若者
と会う。十里木を越えてやって来たアイヌの若者であった。
村の若者たちは嫉妬し、二人の結婚の邪魔をした。娘は大
変悲しみ、この坂の下でいつまでも若者の名を呼び続けて
いたという。
以来この坂を『手児(娘の意味)の呼坂』と呼ぶようになった
という。<左の石碑の説明文より引用>
  冨栄山清岩寺
<富士市宇東川西町(うとがわにしまち)>
境内にある瘡守稲荷大明神(あわもりいなりだいみようじん)
の説明版によると、
武田信玄の娘婿稲葉但馬が天正八年
(1580)清岩寺建立と同時に守護神の稲荷大明神を祀った
沿革という。平安・鎌倉時代の街道との関連性はないが、門
前近くに次に説明する「呼子坂」碑があり、現地に赴く目印と
なっている。
     
呼子坂<富士市宇東川西町>
<富士市指定史跡・呼子坂の現地説明板>
治承四年(1180)富士川の合戦に際し、源頼朝の率いる
軍勢がこの付近の高台一帯に陣を敷き、ここで呼子を吹い
て軍勢を集めたことから、この呼び名が付けられたと伝え
られている。
また、「手児の呼坂」という伝説から、この名がうまれたとい
う説もあるが、同様の伝説は市内元吉原地区の海老坂(薬
師)にも残されている説もあるが、統一見解はない。


  御崎(みさき)神社と御崎坂<富士市比奈>
神社前に、吉永郷土史研究会が作成した「御崎坂のいわ
れ」と題するチラシが設置されており、その内容を掲載した
い。
<この地は、富士山南麓から浮島沼につらなる岬になっ
ている。八世紀に地名の二字表記となり岬から御崎となっ
た。ここには、東西を貫く街道(根方道・街道;初期東海道
)があり、北に向かう坂道を御崎坂とよぶようになった。
御崎神社の創建は古く、安元三年(1177)といわれてい
る。治承四年(1180)十月、源頼朝が富士川を挟んで平
家の軍勢と対峙した時、源氏の大軍はこのあたりに陣をし
き、兵糧を置いて備えた。境内には、三本の大松があり、
源氏軍物見の松と呼ばれていた。>
     
平家越<富士市吉原宝町>
治承四年(1180)十月二十日、富士川を挟んで東岸に源
頼朝の軍勢、西岸に平維盛(たいらのこれもり)の軍勢が
対峙していた。その夜半、甲斐源氏の武田信義軍は敵の
後ろから攻め込もうと兵を移動したが、これに驚いた大群
の水鳥が一斉に飛び立った。これを敵襲と誤った平家軍は
陣を乱して西に敗走し、合戦は一戦もせずに源氏軍の大
勝利となった。

 
藤澤山妙善寺(とうたくさん・みょうぜんじ)<富士市原田>
臨済宗妙心寺派の寺院で、寺伝では天平年間、行基によ
る開山と伝わる。
ご本尊は釈迦牟尼であるが、観音堂に
十一面千手観音を祀り、「滝川の観音さん」とも呼ばれて
いる。観音堂下に小栗判官の愛馬・鬼鹿毛が眠っていると
伝わる。
     
鑑石(かがみいし)<富士市原田>
公園入口に説明版があり、それによると室町時代、常
陸(茨城県)の小栗城主・小栗判官満重は関東公方足
利持氏の大軍に攻められ落城、兄を頼って三河に逃れ
る途中、相模の横山大膳のもとに身を寄せた。小栗は
横山の謀略の荒馬・鬼鹿毛を乗りこなし、絶世の美女
の照手姫を得た。さらに、横山は毒酒を飲ます謀略を
企てるが、照手姫の知らせで、命からがら鬼鹿毛に乗
り当地の妙善寺にたどり着き、住職・大空禅師に匿わ
れた。禅師は小栗を助け、しばらくして紀州熊野に湯治
に行かせた。小栗の帰りを待つ間、照手姫は湧水の中
にある表面が平らな石<「鑑石」>に毎日顔を映し、化
粧をしたという伝説がある。
 
  瀧川(たきがわ)神社<富士市原田字滝川>
社伝によると第七代孝霊天皇の時代、富士山大噴火の際、
「浅間大神(あさまのおおかみ)」を祀り、山霊を鎮められた
のが始まりとされる。現在の主祭神は木花之佐久夜毘売命
(このはなさくやひめのみこと)である。
瀧川神社の名前は明治6年から土地の名前を採用するよう
になってからである。江戸時代以前は、原田村の富士浅間
社と記されたり原田浅間社、新宮と呼ばれていた。かって駿
河国富士郡下方5社を管理運営していた富士山東泉院に伝
来してきた「富士山大縁起」において、当社の御祭神を愛鷹
神(あしたかしん)とし、境内は「赫夜紀(かぐや姫)」誕生の
地であったと記されている。周辺には、「竹採塚」はじめ多く
のかぐや姫伝説を伝えている。
     
竹採公園<富士市原田>
平安の昔、この地は東西の交通路とされた根方街道沿い
にあり、我が国最初の小説といわれる「竹取物語」が生ま
れとされる。写真は公園入口であるが、庭内に「竹採姫」と
刻まれた石碑が鎮座している伝説の地である。通常は姫
は最後に月に帰るが、 富士市の「竹採物語」は、富士山に
帰るという独特なアラスジを伝えている。
<竹採公園(富士市)パンフレットから引用>
<海道記>・・・根方道(愛高山麓)を通ったと推定
昔、採竹(たけとり)の翁という者ありけり。女(むすめ)
を「かぐや姫」といふ。翁が宅の竹林に鶯の卵(かいこ)
、女形(ぢょけい)にかへりて巣の中にあり。翁、養ひて
子とせり。  (小略)
翁姫、天に上がりける時、帝の御契さすがに覚えて、不
死の薬に歌を書きて具して留めおきたり。その歌にい
ふ、
 今はとて天の羽布(はごろも)きる時ぞ君をあはれと
思いでぬる。
帝、是(これ)を御覧じて、忘れ形見は見るも恨めしとて
、怨恋(ゑんれん)に堪へず、青鳥(せいてう)を飛ばし
て、雁札(がんさつ)を書きそへて、薬を返し給へり。そ
の返歌に云ふ、
 逢ふことの涙にうかぶ我身にはしなぬ薬もなににかは
せん。
使者、知計を廻(めぐ)らして、天に近き所はこの山に
如かじとて、富士の山に昇りて、焼き上げければ、薬も
書(ふみ)も煙(けぶり)にむすぼほれて空にあがりけり
。是よりこの峰に恋の煙を立てたり。仍(より)て、この
山をば不死(ふじ)の峰と云(い)へり。然(しか)れども
、郡(こほり)の名に付けて、富士とかくにや。
(以下、略)

  <解説は右蘭です>
  赫夜(かぐや)の舞<竹採公園一帯>
左のアラスジのように富士山と深い関係の富士市の「竹採物
語」。富士山が世界文化遺産登録を契機に
〇富士山の恩恵を認識し
〇内外に富士山の魅力を発信しながら
〇富士市民一人ひとりが、つながり、関わり合いながら富士
山を守り、「こころの資産」として後世に引き継いでいく。

そして、できることから実践していく。「オール富士山さん」活
動が2013年8月から活動がスタートした。その一つに中秋
の名月のころ、富士のかぐや姫に思いを込めた「赫夜の舞」
が竹採公園から瀧川神社、滝川の観音寺、永明寺まで舞い
歩く。<平成29年10日9日撮影>
<海道記><解説>
・・・中世日記紀行集(新日本古典文学大系51)
 昔、竹取の翁という者がいたという。娘を「かぐた姫」といっ
た。」翁の家の竹林で鶯の卵から女性が生まれて巣の中に
いた。翁は自分の子として養った。
(略)
かぐや姫が天に昇った時、帝との結婚の約束をさすがに忘
れず、不死の薬に歌を添えて残しておいた。その歌に、
 今はとて・・・(いよいよ最後だと天の羽衣を着る時になって
、帝のことをしみじみと懐かしく思い出します)
帝はこれを御覧になって、昔の忘れ形見の品は見るだけで
も悲しいと、逢えぬ恋の恨めしい思いに耐えきれず、使者を
遣わし、手紙を添えて、不死の薬をかぐや姫にお返しになっ
た。その帝の返歌に
 逢ふことの・・・(逢うことのない、その悲しみの涙に浮んで
いるような私にとって、不死の薬は何の役にたとうか)
帝の使者は知恵を働かせて天に最も近い山はこの山よりほ
かはないと考えて、富士山に登って焼いたので、不死の薬も
かぐや姫の手紙も煙とからみあうようにして空に昇っていっ
た。この時から、この山頂に恋の煙が立ち昇っている。それ
で、この山を不死の峯という。だが、ここの郡(こおり)の名に
よって富士と表記するのだろうか。
     
湧水公園<富士市原田>
富士山の地下水は長い年月をかけて何層もの溶岩の隙間
から清らかな湧き水となって地表に湧き出ている。富士市
には、医王寺参道の「湧水公園」、永明寺近くの「鎧ヶ淵親
水公園」と水を主役にした公園が整備され楽しむことができ
る。
  富士南麓製紙業発祥の地碑<富士市今泉八丁目>
正面石碑の左に由緒を書いた碑があり、
明治12年、伝法村の栢森貞助等が富士南麓で初めて手漉
和紙工場を
設立稼働し、農民の救済を図った。富士地域が
世界的な製紙業の地となった発祥の地であることを記念し建
碑する。平成六年八月 とある。
富士市は静岡市、浜松市に次いで3番目に人口が多く、製
紙に特化した工業都市として発展してきた。昭和40年頃の
公害は多くの被害を与えたが、この碑はひっそりと吉原公園
の北西隅にただずんでいる。
     
東泉院(とうせんいん)跡<富士市今泉八丁目>
東泉院は、山号を「富士山」とする密教寺院で、戦国時代
から明治初めまで
富知六所浅間神社をはじめとする5つの
神社(下方五社)を管理する「別当」という職を代々務めて
きたが、明治初期の神仏分離で廃された。
<富士市の歴史文化探訪<富士山>から引用>
  日吉浅間神社<富士市今泉八丁目>
言い伝えでは、この神社は崇神(すじん)天皇5年(紀元前9
3)に勧請され、社殿は富士郡の久邇(くに)郷(富士市伝法
のあたりか?)に建てられたとされる。

<富士市の歴史文化探訪<富士山>から引用> 


 富士市の鎌倉街道<中世東海道=浦方街道>
     
元陸軍「富士飛行場跡」<富士市五貫島他>
昭和30年代の富士飛行場跡地写真。左に富士川が見え
る。整然と区画されており古代条理地かなと思っていた。
ところが、縁ができた鰍bREEK 小林社長から飛行場が
あったと教えていただいた。ネットで検索すると静岡新聞が
特集した記事が残されていた。
戦時下の中、4〜5か月の
期間で230戸が女子供の人力で墓地改装から家具、家屋
が運ばれた。昭和19年(1944)10月、「富士飛行場」が
開設。
敗戦により廃止され、昭和21年8月、元富士飛行
場開拓組合が設立され、順次、土地が返還された。
<東関紀行>・・浦方道(海岸)を通ると推定
 田子の浦にうち出でて富士の高嶺を見れば、時分か
ぬ雪なれでも、なべていまだ白妙にあらず、青うして天
によれり。姿、絵の山よりもこよなう見ゆ。 (以下、略)
  デイアナ号の錨<富士市五貫島>
江戸時代末期、開国を求めて来航したロシア軍艦「ディア
ナ号」は、嘉永7年(1854)10月、下田港に入港したが、
安政地震に遭遇して大破し、修理のため戸田港に向かっ
たが、強い西風によって田子の浦港沖で座礁した。大嵐の
中、地元住民は危険を顧みずにロシア人の救助に当たっ
た。

この錨は永く海底にあり、漁師や住民に「唐人の根っこ」と
呼ばれてきたが、昭和51年8月に引き上げられた
<解説>
中世日記紀行集(新日本古典文学大系51)
 田子の浦へ出で、富士の高い峰を眺めると、いつも消える
ことのない雪ではあるが、全体が真っ白になっているわけで
はなく、青々と天の一方に聳えている。その姿は絵に描かれ
ている山よりもずっとすばらしく見える。
     
推定鎌倉街道遺構と多胡宿<富士市田子>
鎌倉時代浦方路の隆盛に伴い、富士川河口の扇状地上
に新宿の一つである「田胡宿」が設けられた。
「春能深山路」(はるのみやまじ)」
<飛鳥井雅有、弘安三年(1280)11月18日>に
「あまたせながれわかれたる中に家せう々あり、せきの
島とぞいふなる。又小宿あり、田子のすくとぞ申める、宿のはしに川あり、うるい川云々」
とあり、蒲原宿⇔富士川・田子宿・潤井川⇔よしはら(見付
宿)と交通網(鎌倉街道)が存在したことが判る。
    出典:静岡県歴史の道・東海道
 
  仏原山立光寺<富士市前田>
立光寺のホームページによると
文禄4年(1595)に唯本院日演上人が創建した寺院であ
る。しかし、明治32年の津波で、一切の記録がなくなって
しまったため、創建のいきさつやその後の経過などは全く
わからなくなっている。また、以前は龍光寺と呼ばれてい
たが、昭和12年に現在の寺号に変えられた。

「春能深山路」(はるのみやまじ)」
<解説>
・・中世日記紀行集(新日本古典文学大系51)
 (富士川も袖が濡れるくらいに浅くて心配するような波も
ない。)たくさん浅瀬が流れ分かれている中に、家が数軒
ある。堰の島というそうである。また、小さい宿がある。田
子の宿という申すそうだ。宿のはずれに川がある。潤井
川、これは浅間大明神の宝殿の下から流れ出た御手洗
(みたらし)の末とかいうことだ
     
田子の浦砂丘(砂嘴)<富士市前田>
立光寺の裏(南)付近の砂丘の頂上。防風林の松林に覆
われている。この付近は、お寺から十メートル弱の高さで
あった。
 
富士川の急流で運ばれた土砂は、駿河湾に注ぐが、汐の
流れと南風で海岸に運ばれ砂嘴となり堆積し、高さ10m以
上の砂丘を作り、西は富士川から東は沼津港までの広大
な砂丘帯となっている。
  山部赤人万葉歌碑
<富士市前田・ふじのくに田子の浦みなと公園内>
  「田子の浦ゆ うち出てみれば ま白にぞ
           富士の高嶺に 雪は降りける」
富士の高嶺の歌碑は、左端の黒い石である。この歌碑は、
昭和61年、田子の浦港富士ふ頭(旧フェリー乗り場)に建立さ
れた。平成24年、当時静岡県が整備していた「ふじのくに田
子の浦みなと公園」内に移設された。

***この歌が詠まれた場所について、富士川の西の蒲
原町から、当みなと公園までの諸説がある。歌が読まれた
奈良時代の東海道は富士川の上流を途河し根方街道を
利用したとされ、蒲原町周辺が有望と思う。***
<平成30年 1月27日撮影>
     
田子の浦港<富士市前田>
古郡三代による富士川の治水工事が完成するまで、蒲原
と元吉原の間には富士川や潤井川等の氾濫原があって徒
歩困難なところが多く、東西交通に大きな障害となっていた。
鎌倉時代、幕府の交通政策によって浦方路に多胡・見付・
原中の各宿が営まれるようになり、沼川・和田川・潤井川
が注ぐ吉原湊は、東西交通の上で渡船場として重要な役
割を果たすようになった。戦国時代、矢部氏は大名の保護
を受け、湊の後方砂山に設けられた見付宿で商人問屋を
営み、渡船業務を掌(つかさ)っていたが、慶長7年、東海
道の富士川渡船場が上流に移動すると、衰退した。
昭和36年産業港湾の田子の浦港として整備されたが、工
業排水等による汚染の影響で山部赤人の万葉和歌にみる
風情は失われてしまった。出典:静岡県歴史の道・東海道
<漁協付近から対岸に見える見附跡を望む。>
 
  見付と元吉原宿<富士市鈴川町>
見付付近に設置の案内版。左に吉原湊があり、右に見付
及び、更にその右に元吉原宿の表示がある。
説明文の内容は、鎌倉時代、(阿字神社の下に)見付が置
かれ、往来する人々の改めが行われた(関所のような機関
があったこと)、対岸の前田地区へ舟渡していたという。見
付近くに見付宿があったが、
 高波や飛散砂のため、天文
年間(1533〜54)
元吉原宿(鈴川、今井地区)に所変え
し、更に江戸時代の東海道に合わせ依田橋西に所変えし
たと宿の歴史概要が説明されている。
出典:案内版及び静岡県歴史の道・東海道
     
阿字(あじ)神社里宮<富士市鈴川>
三ッ股淵の生贄伝説<*詳細は、六王子神社参照>で
人身御供に選ばれた「あおじ」が富士浅間社の神力で淵
に住む龍が鎮まり、開放されるも仲間が悲観し浮島沼に
身投げしたことを知り 、「おあじ」も身投げした。土地の者
は、「あおじ」を鈴川に、6人の神子は六王子神社に氏神
として祀った。
  見付宿跡<富士市松岡>
阿字神社里宮の砂丘の上に奥宮があるが、その北(後)
に写真の「宿跡」と左に「ばばが井戸」がある。

この石碑の左に海に向かう小道があり見付跡に向かう道
ではないかと歩いてみたが、海岸沿いの道路と段差があり
行き止まりとなっていた。港湾整備工事がなされており、当
時の地形が残っていないと思われる。
     
富士塚<富士市鈴川>
<平成30年1月27日撮影>
富士山登拝のため、登山者が浜で身を清め(浜垢離:はま
ごり)、登山への安全と無事を祈願し、浜から拾ってきた小
石を積み上げたものだと江戸時代に資料に記されている。
静岡県で現存する唯一の富士塚と考えられる。(昭和51年
復元)   出典:
 富士市の歴史文化探訪<富士山>
***
万葉歌碑、富士塚、六地蔵は、吉原港に点在している。この地区は、最寄り公共交通機関はJR吉原駅であるが、万葉歌碑まで片道約3qあり限られた時間を有効に使うため
地元の貸自転車を活用した。感謝です。
第一回目 平成29年9月7日 宿泊先のグリーンホテル
第二回目 平成29年9月29日 新富士駅観光案内所
第三回目 平成29年12月21日 岳南電車(吉原駅)
第四回目 平成30年1月27日  岳南電車(吉原駅)
  閻魔堂・地蔵堂・六地蔵・<富士市鈴川>
見付宿跡から鎌倉街道遺構を東に移動すると吉原駅近くの
砂丘高台に六地蔵が並び、冬の晴れた日には後方に冠雪
の富士山を望む絶景地がある。由緒は不明であるが、この
六地蔵の道路反対側に安置されているのは、古くから道行
く人を見守り続け、どんな願いも叶えてくださる『いいなり地
蔵』として親しまれている。左手には、閻魔堂の祠がある。
「富士市まちの駅ブログ」によると、地蔵盆には、ご近所の皆
さんによる
縁日が行われている。
<平成30年1月27日撮影>
     
海老坂薬師<富士市今井>
「万葉集」に古代東海道に「手児の呼坂」と呼ばれる坂道
が存在したことが判るが詳細は不明である。「駿河志料」
など江戸時代の地誌類に名がみえるが、その所在地を清
岩寺前の坂とこの今井の坂とする説が対立している。
今井の坂の口あたりは、かって田子の海老坂と呼ばれた
といわれるところで、現在海老坂薬師(写真右の社)が祭
られている。古代柏原駅の所在について根方道(船津)と
、この浦方道の柏原(柏原)の二説が対立している現在、
坂の所在を決定することはできない。
出典:静岡県歴史の道・東海道  
  香久山(こうきゅうざん)妙法寺・毘沙門天
<富士市今井>
千年余、山伏たちが寺裏の田子の浦海岸で水ごりを取り、
海抜ゼロメートルから富士山に登った、 その禊ぎの道場が
当山の起こりである。
主神毘沙門天像は聖徳太子の御親作と伝わり「太子両肩
上湧現の尊像」と言って聖徳太子の肩の上に立たれた像で
実に珍しい様式である。普通の像が悪鬼をふんまえている
のに対し、この像は聖徳太子すなわち我々人間の上に毘
沙門天王が立って常に 護ってくださるという開運の「守護神
像」である。 <妙法寺HPから引用>
     
立圓寺・望嶽碑<富士市西柏原新田>
万治三年(1660)、京都立本寺20世霊鷲院日審によって
開創された日蓮宗寺院。
境内には尾張藩の典医・柴田景
浩がこの地から望む富士山の美しさに感銘を受け、文化
5年(1808)5月建立した「望嶽碑」がある。
この一帯は東海道の宿場である原宿と吉原宿の中間に位
置しており、間宿柏原が設置されていたと考えられる場所
である。とりわけこの場所は眺めがよく、参勤交代の行列
が、休憩がてら富士山の眺望を楽しんでいたと伝えられて
いる。<平成30年1月27日撮影>
  六王子神社<富士市西柏原新田>
田子の浦港の奥、沼川と和田川が合流する場所を「三股淵
」といった。龍が住まい、少女を生けにえとしてささげていた
、という伝説があり、「生贄淵」とも呼ばれた。
 
四百年程前、関東の巫女7人が上京の途次、里人に止め
られた。その年の人身御供に選ばれたのだ。くじを引かさ
れ、年若い「おあじ」が"当り"を引いた。くじに外れた6人は
関東へ戻ることとなり、柏原村まで引き返した。しかし、あお
じのことを思うと、自分たちだけ生き長らえることはできず、
みなで浮島沼へ身を投げた。土地の者は、彼女らの亡骸を
引き上げ、1か所に埋葬した。ところが翌日、龍は富士浅間
の御神力で鎮まった。災いを免れたおあじは、解放される
や6人を追い、悲報を知る。おあじの嘆きはふかく、やがて
沼に身を投げてしまった。以降、龍は富士浅間の御神力で
鎮まり、生贄の儀は止んだ。人々は、巫女たちのおかげと
感謝し、彼女たちを土地の氏神として祀った。柏原新田の
六王子神社である。
     
庚申塚古墳<富士市東柏原新田>
東西(左右)40m、南北20mの双方中方墳。昭和34年静
岡県指定文化財。東海道本線沿い、東田子の浦駅の東方
にある。
説明版によると
浮島沼
に接する砂丘上の標高5mに位置し、おおよそ15
00年前に作られた、当時この一帯を統治していた豪族の
墳墓と推定される。
ここの東方150mの「山の上古墳」とともに、当時の繁栄を
知る文化財である。
この古墳等から古代の街道が通っていたという説もある。
  歌川広重(初代)東海道五十三次之内「吉原」
江戸時代末期の浮世絵師。  1832年、東海道を初めて旅し
た後に作製したといわれている。吉原宿は、浮島ヶ原と少し
離れているが、池沼の中の街道の景色が読み取れる。
<富士市の歴史文化探訪・富士山>から絵を引用
     
 浮島ヶ原自然公園<富士市中里>
富士川の急流に運ばれた土砂が駿河湾の汐の流れと南
風で海岸に運ばれ砂嘴(さし)が砂丘となり海を締め切り、
湾口等が閉じ込められて潟湖(ラグーン)となって大小の沼
が点在し、約20平方qの低湿地帯が取り巻く浮島ヶ原。
江戸時代から新田開発が試みられてきたが、昭和30年代
までは腰や胸まで浸かって田植えを行う「湿田農法」であっ
た。浮島ヶ原湿原の貴重な植物や自然風景を保全し、自
然が観察できる公園がJR東田子の浦駅近くに整備されて
いる。<平成30年1月27日撮影>
***
原稿作成中、内容をチェックしていたら右の絵ハガキと構
図と似ているように思えてきました。如何ですか?
   絵ハガキ「浮島からの富士」
富士山を背景にした浮島沼の絵ハガキ。明治〜大正時代に
は、日本各地の名所や風俗が写真に収められ、絵ハガキとし
て流通した。特に、富士山を背にした風景は数多く撮影され
た。
<富士市の歴史文化探訪・富士山>から絵と文を引用
<東関紀行>・・浦方道(海岸)を通ったと推定
 浮島が原はいづくよりもまさりて見ゆ。北は富士の麓
にて、西東(にしひがし)へはるばるとながき沼あり。布
を引けるがごとし。山のみどり影をひたして空も水もひ
とつなり。芦刈小舟所々に棹さして、群れたる鳥多く去
り来たり。南は海の面(おもて)遠く見渡されて、雲の波
煙(けぶり)の波いとふかき眺めなり。すべて孤嶋(こた
う)の眼に遮るなし。わずかに遠帆(ゑんばん)の空に
つらなれるを望む。こなたかなたの眺望(てうぼう)、い
ずれもとりどりに心細し。
   <解説>
中世日記紀行集(新日本古典文学大系51)
 浮島が原は、どこよりもすばらしい光景に見える。北の方は
富士山の麓で、そこに西から東にかけて、遙かに長い沼があ
る。まるで布を敷いたようだ。富士の山の緑が影を水に映し
て、空と一つになっている。蘆を刈る子舟があちこちに浮んで
いて、群がっているたくさんの鳥が飛び交っている。南の方は
海の面が遠くまで見わたされ、雲のように立ち重なった波や、
煙のようにかすむ波の景色は、趣が深い。一つの島も見えな
い。ただわずかに遠くに白帆が空に接しているのが見られる
。あちらこちらの光景は、どれもそれぞれにもの寂しい趣であ
る。



 <沼津市・清水町・長泉町>の鎌倉古道(街道)について
沼津市は、西を富士市から続く浮島が原湿地帯、東は狩野川流域で構成され,北部には日本一の富士山とその南麓の愛鷹山が市街地
近くまで迫っている。南部は駿河湾に面しており、富士市から続く砂嘴が、原、片浜、千本浜地区に砂丘地帯となっている。
平野の大部分、しかも中央を広大な浮島が原湿地帯であったため、東西に延びる街道は、富士市同様に古代は市街地の北側の県道22
号を遺構とする根方道を、中世時代は、富士川河口を渡河し、田子、鈴川、柏原、沼津市原町、片浜と砂丘縁を進む浦方街道が利用され
たと推定される。浦方街道は、六代松がある門間付近から海岸を離れ、北上し第一中学近くの丸子神社前を東折し・沼津駅前、蓮光寺東
の車返し、黄瀬川宿(黄瀬川大橋付近と推定)、伊豆国府(三島市内)、箱根越と続くことになる。
根方街道は、県道22号の元と推定され、富士市から沼津市、長泉町(永倉駅跡)、足柄路と続くことになる。なお、黄瀬川宿から伊豆国府
に向かう道以外に足柄路に向かう道も想定されているが、黄瀬川を挟んで根方道と並行していたと推定されているが詳細は不明である。
参考資料
〇「静岡県歴史の道・東海道」・平成6年発行静岡県教育委員会   〇沼津市史
 
沼津市の街道<古代東海道=根方街道> 
     
大泉寺<沼津市井出>・・・沼津市HPから引用
曹洞宗で裾野市千福の普明寺の末寺。本尊は聖観音で運
慶の作と伝えられている。
この大泉寺には、伝阿野全成・時元の墓がある。阿野全成
は、幼名を今若丸といい頼朝の弟である。弟に乙若丸・牛
若丸がおり、後にそれぞれ義圓・義経と名乗っている。平
治の乱で父義朝は死に、牛若丸を除き、今若丸と乙若丸
は出家させられた。全成は山城の醍醐寺に預けられたが、
次第にたくましく成長し、その荒法師ぶりから醍醐の悪禅
師ともよばれた。
治承4年(1180)源頼朝が韮山で挙兵すると、全成はひそか
に寺を抜け出し、修行をよそおいながら頼朝のもとに参ず
ると、頼朝はその志に涙して感動したという。全成は頼朝を
手助けした功績により、駿河国阿野庄(現在の東原、今沢
から富士市境一帯)を与えられ、阿野を姓として阿野全成
を名乗り、この地を根拠地とした。東井出に居館を構え、居
館の一隅に持仏堂を建てて祖先の霊を弔った。これが現
在の大泉寺である。
鎌倉に幕府を開き、武家政治を始めた頼朝は正治元年
(1199)に没したが,その後有力な御家人がつぎつぎと世を
去ったため、源氏に代わって北条氏の勢力が次第に強くなっていった。全成は源氏の血を受け継ぐ者として、この状
況を黙って見ていることができず、建仁3年(1203)5月に阿
野庄において北条氏討滅の兵を挙げたが、幕府軍に謀叛
の罪で捕らえられ、常陸国(現在の茨城県)に流され同年
6月23日下野国(現在の栃木県)で処刑された。全成の首
は阿野庄全成の館へ届けられたと伝えられている。
  伝阿野全成・時元の墓 <大泉寺内>
・・・沼津市HPから引用
大泉寺には、下野国で処刑された全成の首が一夜のうちに阿
野の地まで飛んで来て、松の木の枝に掛かったという伝説が
伝わっているが、現在は首が掛かったという松はない。
また、乳の出の悪い母親にイチョウの実を焼いて食べさせた
ところ、乳が出るようになったという、いちょう観音の伝説も残
っている。
     
興国寺城跡<沼津市根古屋>・・・平成7年3月国史跡指定・・・沼津市HPから引用
興国寺城は、根古屋と青野の境にある、篠山という愛鷹山
の尾根を利用して築かれている。この城は、戦国時代に関
東一円を支配した北条氏の祖である伊勢新九郎盛時(北
条早雲)の旗揚げの城として名高い城である。
北条早雲は初め伊勢新九郎盛時と称し、室町幕府将軍の
申次集を務めたが、駿河の守護今川氏とは、姉北川殿が
今川義忠の正室というつながりがあった。文明8年(1476)
義忠が急死すると、その後の家督争いで甥の今川氏親を
助けた功により、長享2年(1488)頃、富士郡下方12郷を与
えられ、興国寺城主となったとされる。
この後、盛時は明応2年(1493)に伊豆韮山の堀越公方足
利茶々丸を襲って伊豆国を攻め、戦国大名としての第一歩
を踏み出す。その後、興国寺城は戦国大名による領地争
い境界の城として争いの渦中におかれ、今川氏、北条氏、
武田氏、豊臣氏、徳川氏の勢力下となり、慶長6年(1601)
徳川家康の家臣天野三郎兵衛康景が1万石の城主となる
。しかし康景は家臣をかばい自ら逐電してしまったため、慶
長12年(1607)興国寺城は廃城となった。
  岡野公園<沼津市青野>
興国寺城跡から約300m東に写真の岡野公園が北側にある
。公園の中に、岡野喜太郎の功績を讃える石碑がある。碑文
には「欲を離れるのが長寿の秘訣である」という意味の言葉が
刻まれている。岡野喜太郎は、駿東郡青野村(沼津市)に名主
の長男として生まれた。豆陽中学師範科を中退し、明治18年
(1885)帰郷して農事に専念するが、地方農村の窮乏を目の当
たりにして貯蓄組合を発起、明治20年(1887)貯蓄組合共同
社を創設。明治28年西暦根方銀行を創立して頭取。翌年駿東
実業銀行、明治45年西暦駿河銀行(現スルガ銀行)と改称。戦
時下の一県一行主義の大蔵省の方針を拒否するなど、気骨
ある銀行家として知られ、昭和32年まで62年間頭取をつとめ
た。
<ふじのくに文化資源データベース(静岡県文化政策課)から
引用>
     
桃澤神社下宮<沼津市青野>
愛鷹明神として崇敬され、愛鷹山頂に奥宮、一合目に中宮
、青野の下宮の三社からなる。
「愛鷹山縁起」によれば
,愛鷹山麓は神馬の牧場として有名
であるが、建久五年、源頼朝が駿馬九十九頭を奉納したこ
とが、愛鷹山牧場の始まりであると伝わる。
<出典:HP玄松子の記憶>
  岡宮浅間神社<沼津市岡宮>
この地は「延喜式」に見える岡野馬牧があった地で、その地に
所在した浅間宮(現岡宮浅間神社)を岡野の宮と呼んだのが
地名の由来と伝える(駿河志料)
。 創建は不明であるが、建
治二年(1276)の「光長寺由緒記」で「昔文永年中駿州岡宮
庵地アリ」とあるように鎌倉時代に辿ることも可能である。
岡宮の地の始まりは不明であるが、大岡荘の存在、用水源と
しての上津(こうず)池の存在といい、沼津市域の中世におけ
る開発の拠点として重要な役割を担ったと考えられる。(沼津
市史P375)
     
光長寺(こうちょうじ)<沼津市岡宮>
光長寺は法華宗大本山で、建治2年(1276)開山と伝えられている。寺の創建についてははっきりしないが、旧記によ
れば、もとは天台宗の寺院であったものが、文永年間
(1264〜1275)空存の代に、日蓮上人の高弟日法上人の
布教により改宗したと伝えられている。空存は日蓮の門弟
となり日春の名を授けられ、寺を徳永山光長寺と改称した
と伝えられている。そのため寺は日蓮を開祖とし、日春・日
法が同時二祖となった。
  門池(かどいけ)<沼津市大岡>
沼津市域の発展は、大岡牧の大岡荘への転換であったと考
えられる。この転換に大きな役割を果たしたのが上津池(現門
池の前身)
である。建久年間に造立された三明寺経塚に埋蔵
された経筒に「上津池」の文字があり、信仰の対象と意識され
ていた。上津池から主水路が形成され水田開発が進み、大岡
牧から大岡荘へと発展することになった。(沼津市史P376)
     
鮎壺の瀧<駿東郡長泉町下土狩>
約1万年前の富士山溶岩流(三島溶岩)にかかる落差約9メ
ートル、幅約65メートルの滝である。
伝説によると小野政氏という長者が観世音菩薩に祈願し一
女に恵まれた。その子は名前を亀鶴という美しい子であっ
た。両親に早く死なれ、18才の時藍壺に身を投げて死んだ
という。一説には、源頼朝が富士の巻狩の際、招こうとした
が、遊女亀鶴は応じないで入水したといい、また工藤祐経
に召されたが、曽我兄弟の復讐で祐経の後を追って死ん
だともいわれている。
  古代官道永倉駅想定地<駿東郡長泉町下長窪> 
県道22号が門池を過ぎ、次の南小林交差点から左折し約1.
2q北上すると下長窪交差点に至る。この交差点から蓮華寺
付近の間に、初期古代官道の永倉駅があったと推定されてい
るが詳細は不明である。また交通の要所であることから駿河
郡家(沼津市大岡日吉)や伊豆国府(三島市)への連絡路が
考えれている。そして駅家所在地について、遷置前に長泉町
下長窪、沼津市大岡、遷置後の裾野市伊豆島田、長泉町本
宿、下戸狩などどする説がある。<静岡県歴史の道・東海道:
平成六年三月 静岡県教育委員会発行>
     
養隆山蓮華寺<駿東郡長泉町下長窪>
法華宗(本門流)の寺院であるが、詳細情報は入手できな
く、不明である。
  城山神社・長久保城跡<駿東郡長泉町下長窪> 
城址は国道246号沿い「城山神社」近くにある。戦国期、今川
氏により長久保城が構築され、東駿地方を治める拠点として
、また北条氏に対する備えとして築かれた。その後、北条氏、
今川氏、武田氏と渡ったが、関ヶ原の戦いの後、廃城になっ
たとされている。城山神社は長久保城の守護神を祭っていた
神社とされる。

沼津市の鎌倉街道<中世東海道=浦方街道> 
富士川河口を渡河した鎌倉街道(浦方街道)は、富士市田子、鈴川、柏原を経て、沼津市原町、片浜と砂丘縁を進み沼津駅近くの旧
丸子神社、蓮光寺東の車返し(坂)、駅家説もある大岡廃寺、日枝神社付近を通り、黄瀬川宿に至る。
この浦方街道は、大津波で宿が大打撃を受け移転したことから遺構が残されていなく、海岸沿いにあったと推定されている。江戸時代
東海道は東海道本線の北側を通っており、ほぼ平行していたと思われる。また、戦国時代、武田信玄が塩を甲斐におくる「塩の道:甲州
街道」を整備したと伝わるが「六代松」付近でしか確認できなかった。
     
鵠林山松陰寺(しょういんじ)<沼津市原>
白隠宗の大本山で、白隠が出家し、のちに住職をつとめた寺と
して有名である。「駿河に過ぎたるものが二つあり、富士のお山
に原の白隠」と称えられた
白隠 慧鶴(はくいんえかく)は臨済宗
中興の祖と称される江戸中期の禅僧である。
  海上山長興寺(ちょうこうじ)<沼津市原>
臨済宗妙心寺派の寺院で、白隠禅師のもとに集まった修行僧
の宿坊として使われた。
     
白隠道(はくいんみち)<沼津市原>
全国から松陰寺に集まった修行僧が、宿坊として使われた長
興寺から松陰寺に通ったと伝えれている白隠道。
 
  白隠禅師生誕地<沼津市原>
松陰寺及び長興寺の北側の江戸時代東海道沿いにある禅師
生誕地。この奥に、「産湯の井戸」が整備、公開されている。
 
     
六代松の碑<沼津市東門間>
東間門に近い千本松原の中に六代松の碑がある。六代は小
松の三位中将平維盛の息子であり、祖父は重盛、曾祖父は清
盛である。平家物語によると、六代は平家一門の滅亡に伴い、
源頼朝の家来北条時政によって捕らえられ、鎌倉ヘ護送の途
中、千本松原において処刑されようとした。その際、文覚(もん
がく)上人の命乞いによって赦免となったが、その後文覚上人
の謀叛に連なり、処刑されたと伝えられている。
従者斉藤六範房は、六代の首を携え、ゆかりの深い千本松原
にやって来て、その首を松の根元に埋め弔ったと伝えられてい
る。この松を土地の人は「六代松」と称し、六代御前に関わりを
持つ松として親しまれてきたが、松が枯死したので、天保12年(
1841)に沼津藩の典医であった駒留正隆の撰文により、枯れた
松の傍らに記念碑が建てられた。<出典:沼津市HPから引用>
  首塚<沼津市本字千本>
本光寺に隣接した北側西隅に首塚の碑がある。明治33年
(1900)5月、暴風雨の翌朝、千本松林の中で露出した頭蓋骨
が発見された。これを集めて弔ったのがこの碑である。
 昭和29年(1954)、東京大学教授の鈴木尚氏によって調査が
行われ、百体以上に及ぶ骨はほとんどが青年男子の頭骨で、
特に若者達の骨が非常に多いことも確認された。骨の特徴は
中世末のものと推定され、言い伝えるように戦国時代の戦いの
結果の首実検後に葬られたものではないかといわれている。
天正年間に千本浜で起こった武田・北条氏の合戦(北条五代
記)に際し、種子島銃、矢、槍によるものと思われる。
<出典:沼津市HPから引用>
     
甲州街道<沼津市本字千本>
一般的には、甲州街道は江戸時代・五街道の一つを示すが、
沼津市や甲斐(山梨県)の関係者が知っている別の甲州街道
がある。沼津市から富士市に至る駿河湾側、千本松原の名で
知られた、海沿いの道が甲州街道と呼ばれたことが、土地の
人々の記憶にまだ残っている。平成29年9月5日、当地を訪
れ、右(北)の山神社で寛いでいた地元の方に六代松の碑の場
所を尋ねた際に甲州街道のことも聞いたら、直ちに、この道と
教えていただいた。

かつて伊豆近海から伊豆七島まで含めた漁獲物の一部が沼
津市の湊で荷分けされ、甲州街道と伝えられる道を通って甲府
に運ばれた。山梨県側の資料によれば、沼津だけでなく、歌枕
として名高い景勝の地、田子の浦から北上し、富士の西側さら
に北側の裾野をかすめて、この道が甲州に至っていたといわ
れている。(株かいやHP)
  乗運寺(じょううんじ)<沼津市江原町>
増誉上人(長円)の開基で、千本山と号する。浄土宗京都知恩
院の末寺である。
伝えられるところによると、諸説あるが、
天文6〜23年(1537〜54)にこの地域で繰り広げられた、後北
条氏と今川・武田氏による「河東一乱」で、北条方の伏兵に備
えて千本松原の松を伐り倒させたため、土地の人々が潮風の
害を受け難儀をしていたのを、巡錫中の長円が心を動かされ、
お経を唱えながら松苗を植え続けたという。人々はこの長円の
行いとその徳をたたえ、草庵を建ててそこに住んでもらうように
した。 時に天文6年(1537)という。庵は初め成鳴寺と称したが
、乗運寺と変わり、現在に至っている。
<出典:沼津市HPから引用>
     
式内社・丸子神社旧跡<沼津市丸子町>
式内社・丸子神社に比定されている。当社の社号から、鎮座地
名が丸子になったという。社伝によると、崇神(すじん)天皇
(紀元前148〜29)の御代に創祀されたという。経歴年次に矛盾
があるが、頭書の沼津市史記載の地図に丸子神社の記載が
あり、歴史的に知られた存在と思われる。
 天保二年(1831)、社殿焼失により浅間神社の相殿となり、
明治十年二月、浅間神社に正式に奉遷されているので、現在
は丸子神社の古社地となる。
  蓮光寺<沼津市三芳町>
臨済宗妙心寺派に属し、京都妙心寺の末寺で、本尊は千手観
世音菩薩である。昔は車返牧の御所の旧地にあって、北条時
頼の建立になり、当時は大岡院と称したといわれている。
天正8年(1580)武田・今川の戦に兵火で焼かれること数回に及
んだ。当時は浄土宗であったが、その後、徳岫(とくしゅう)禅師
が遠江国奥山方広寺よりきて堂宇を建て、改めて臨済宗蓮光
寺を開いた。 さらに徳岫は数度の洪水の災いを憂え、堂宇を
北方丘上の現在地に移したという。<出典:沼津市HPから引
用>
    <東関紀行>
車返(くるまかえし)という里あり。ある家に宿(やど)りたれ
ば、網、釣りなどいとなむ磯者(いそもの)のすみかにや、
夜のやどり香(か)うことにして、床(とこ)のさむしろも、か
けるばかりなり。(小略)
 是(これ)ぞこの釣する海士(あま)の苫庇(とまひさし)
いとふありかや袖にのこらん
 
 注:苫家:苫で屋根を葺 (ふ) いた家。菅、茅などで編んだ、
 こものようなもの。小屋等を覆って雨露をしのぐのに用いる。
車返しの里<沼津市三枚橋>
鎌倉時代浦方路の隆盛に伴って発達した宿駅で、「海道記」
「東関紀行」など当時の文献にその名が見える。蓮光寺境内に
は車返牧御所があり、「吾妻鏡」に嘉禎四年将軍頼経が上洛
の途次宿泊していることが書かれている。蓮光寺裏から沼津駅
に至る台地は、東海道線や国道の開設に伴う工事等によっり
大きく様相を変えたと思われる。
蓮光寺を中心とする一帯に集
落が形成され、東西交通の要衡として栄えていたことが考えら
れる。(写真は蓮光寺東の坂から北を望む)
<静岡県歴史の道調査報告書・東海道:昭和55年3月静岡県
教育委員会>
  <解説>
中世日記紀行集(新日本古典文学大系51)
 車返という里がある。ある家に泊ったら、網をひいたり魚を釣
るのを家業とする漁師の住家であったのか、その夜の泊は臭
気がひどく、床の敷物も足りないことであった。(小略)
 この家こそ漁をする海士(あま)の苫家(とまや)である。好き
でない臭気が袖に染みたことだろう。




     
日吉廃寺<沼津市大岡日吉>
沼津駅東方約1qの東海道本線の線路脇に所在する山神社
付近に存在する寺院跡である。神社の境内に塔の礎石が残り
、史跡公園として整備されている。出土した瓦等から、当地の
有力者が白鳳期(7世紀後半)に建立した寺院跡(氏寺)と推測
され、平安時代初期(9世紀)にかけて存続したと考えられてい
る。文献資料はなく、寺院名も不明なため、所在地の地名から
日吉廃寺跡と呼ばれている。
 
  日枝神社<沼津市平町>
平安時代から山王社とも称され、人々には山王さんとして親し
まれてきた。この地域一帯は平安時代の末頃には大岡庄と称
され、関白藤原師通の領地であった。嘉保2年(1095)、源義綱
が比叡山延暦寺の僧を殺害するといった事件があり、これに
端を発し、師通は僧たちの呪詛により山王の祟りを受け、38歳
で死亡した。師通の母は近江国の日吉神社の分祀を請い、こ
れに大岡庄のうち八町八反を寄進して祀ったといわれる。これ
が現在の日枝神社で、明治に至るまで近郷近在22か村の総鎮
守の神としてあがめられた。(沼津市HPより引用)
     
潮音禪寺・亀鶴姫の碑<沼津市大岡>
潮音寺は臨済宗妙心寺派の寺院で、弘仁年中、弘法大師が
伊豆修善寺に修行のみぎり、当地を通りかかりの際
 感応を感
じ、聖観音菩薩像を刻み一堂を建立・安置されたのが始まりと
いう。
小野政氏という長者が子に恵まれないため里の観世音菩薩に
祈ったところ一女に恵まれた。その子は名前を亀鶴という美し
い子であった。両親に早く死なれ、18才の時藍壺に身を投げて
死んだという。一説には、源頼朝が富士の巻狩の際、招こうと
したが、遊女亀鶴は応じないで入水したといい、また工藤祐経
に召されたが、曽我兄弟の復讐で祐経の後を追って死んだとも
いわれている亀鶴伝説が伝わる。(沼津市HPより引用)
  黄瀬川宿跡推定地<沼津市大岡黄瀬川>
鎌倉時代箱根路の隆盛に伴い、黄瀬川のほとりに発達した宿
駅である。「海道記」など当時の文献にしばしばみえる。「春能
深山路」に「きせ川は足からへかかる道なれば云々」とあり、北
駿の藍澤・竹之下へと通ずる足柄路の分岐する交通の要所で
あった。長い間、東海道の
宿駅として栄え、天正の末・慶長の
初め頃廃されたという。宿域は沼津市大岡黄瀬川から駿東郡
清水町長沢・八幡・伏見など黄瀬川を挟んで広範囲に亘ってい
る。 <静岡県歴史の道調査報告書・東海道:昭和55年3月静
岡県教育委員会>
 <海道記>
黄瀬川の宿に泊まりて、萱屋の下に休す。(小略)
十五日、黄瀬川を立つ。遇沢(あひざわ)と云ふ野原を過ぐ
。この野、何里とも知らず、遥々と行けば・・・(以下、略)。

<海道記><解説>
・・・中世日記紀行集(新日本古典文学大系51)
 黄瀬川の宿場に泊まって粗末な茅葺の家に休んだ。(小略)
十五日、黄瀬川を出発。逢沢*という野原を通る。
この野原は
何里ほどかわからないほど広い。
   
逢沢
  黄瀬川宿から竹之下(静岡県駿東郡小山町)にわたる広い
 地域。
 
  八幡(やはた)神社<駿東郡清水町八幡>
御祭神として応神天皇(誉田別命:ほんだわけのみこと)、相殿
に比売神(ひめがみ)、神功皇后(息長帯比売神:おきながたら
しひめのみこと)の三柱を祀る。境内に治承四年(1180)十月
、平家追討のため挙兵し、富士川の戦いに勝利した源頼朝が
この地に陣地を構えたおり、奥州より駆けつけた源義経と対面
したと伝わる。(駿東郡清水町HPより引用)
     
八幡神社・対面石<駿東郡清水町八幡>
治承四年(1180)十月、平家の軍勢が富士川のあたりまで押
し寄せてきた時、鎌倉にあった源頼朝はこの地に出陣した。た
またま、奥州から駆けつけた弟の義経と対面し源氏再興の苦
心を語り合い、懐旧の涙にくれたという。この対面の時、兄弟
が腰かけた二つの石を対面石という。
(境内設置の町教育委員会の案内版より引用)
  愛鷹神社<駿東郡清水町伏見>
今川 
     
地方(ちかた)神社<清水町新宿>
1591年に勧請されたと伝わる。主祭神として菊理媛神(ククリ
ヒメノカミ)と菅原道真公を祀る。
 (駿東郡清水町HPより引用)
参考にしている平安鎌倉古道では、地方神社の名称及び位置
から街道との関係が深いとして紹介しているが、清水町のHP
では江戸時代直前の勧請としており、中世鎌倉街道との関係
を無いことになる。


  千貫樋(せんがんとい)<清水町>
伊豆・駿河の国境の境川にかけられてある樋で長さ42.7m、
巾1.9m、深さ45cm、高さ4.2mである。創設については、
諸説あるが天文24年(1555)、今川、武田、北条三家の和睦
が成立した時、北条氏康から今川氏真に婿引出物として小浜
池から長堤を築き、その水を駿河に疎通させたというのが一般
的な説となっている。
 この疏水により、駿河側である現在の駿
東郡清水町の玉川、伏見、八幡、長沢、柿田、新宿の田畑約
130haが多大な恩恵を受けるに至った。
     
柿田川公園<駿東郡清水町>
柿田川湧水群は約40q北方の富士山の雪解け水が
地下水となり三島溶岩流の間を長い年月(約10数年といわれ
る)を経て流れ、ほぼ無菌で適度にミネラルを含む日本有数の
すばらしい湧水となり、ここに湧きだしている。
全長約1.2キロの柿田川となり狩野川に合流し、駿河湾に注
いでいる。
 昭和61年4月、「自然の保護・保全」「コミュニティー
広場の確保」を目的に町民の憩いの場として柿田川の上流部
に公園として開園した。<園内説明文から引用>
  清水の湧き出る「わき間」<柿田川公園第一展望台>
 柿田川公園の「わき間」から湧き出る湧き水。柿田川湧水郡
は名水百選にも選ばれる名水で、湧水量は日に70万トンから
100万トン程度で東洋一を誇っている。1985年(昭和60年)柿田
湧水群として名水百選に選定された。