文 化 施 設 
一宮市博物館
博物館正面 一宮市博物館
住所:一宮市大和町妙興寺2390
(名古屋鉄道名古屋本線「妙興寺駅」下車徒歩7分)
電話:0586−46−3215
開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(祝祭日、振替休日の場合は、その
翌日)
常設の入館料:一般200円、高校生・
大学生100円、小学生・中学生50円

博物館内部の展示室
市内から発掘された土器類
博物館内部展示室
繊維機械類



一宮市三岸節子記念美術館
繊維産地を表すノコギリ屋根とレンガ仕様の外観 一宮市三岸節子記念美術館
地元出身の洋画家故三岸節子さんを記念し、生誕地
に平成10年尾西市(現在の一宮市)が建設。三岸さん
の作品44点を所蔵し、一部を常設展示しています。
無料駐車場は小さいですが起街道の南側約百メート
ル先にあります
住所:一宮市小信中島字郷前3147−1
(名鉄バス起行き「起工業高校前」下車徒歩1分)
電話:0586−63−2892
開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(祝祭日、振替休日の場合は、その
翌日)
常設の入館料:一般320円、高校生・大学生210円
小学生・中学生110円
画集等売り場 美術館ホール
三岸節子記念美術館展示室入り口 美術館展示室内部
(パンフレットからスキャナーした写真)



一宮市尾西歴史民俗資料館
     
 尾西歴史民俗資料館
電話:0586−62−9711
開館時間:午前9時30分から午後5時まで
休館日:月曜日(祝祭日、振替休日の場合は、その
翌日)
入館料:無料
備考
:参考資料の美濃路NOWでも述べられているが、
当資料館のハードお及びソフトのレベルは高く、非常
に参考になった。街道始め地域の歴史研究の核と
しての評価がなされても良いと思う
  住所:一宮市起字下町211
(名鉄バス起行き「起バス停」下車徒歩5分)
 
     
歴史民俗資料館はかっての美濃路起(おこし)宿にあり
ます。起宿は江戸時代(天保12年1841年)家数23
0軒、人口1841人でした。本陣及び脇本陣各1軒が
ありました。
写真は美濃路起宿の模型です。左側が木曽川です
   紀州藩や肥後藩のほか将軍、朝鮮通信使、茶つ
ぼ、そしてベトナムから献上された象も通った記録
があります。
     
 大名が宿泊した際、本陣前に掲示された関札、宿札
とも呼ばれたそうです。写真の関札は紀伊大納言と書
かれてあります。他に薩摩藩、熊本藩の関札も展示さ
れています。



  一宮市尾西歴史民俗資料館元脇本陣
美濃路起宿にあった脇本陣を明治時代に復元した
施設です。全面の道路が美濃路の現在の姿です

この建物は、伝統的な町屋建築江戸期様式を伝え
ていることが評価され、平成13年11月16日に国
の登録文化財建造物に選ばれました
 



一宮市立玉堂記念木曽川図書館 
     
図書館の外観
平成13年4月、開館
内部
 1階 図書室(平成14年時点の蔵書は約6万冊)
 2階 視聴覚室、レファレンス室(歴史関係)
 3階 玉堂記念展示室、展示室、会議室、屋上和
風庭園
開館時間:午前10時から午後6時
休館日:
  ・月曜日(ただし、月曜日が祝日の場合は開館し
、翌日の火曜日が休館となります)、祝日の翌日
  ・祝日の翌日
  ・5月3日〜5月5日
  ・年末年始(12月28日〜1月4日)
  ・館内整理日及び特別整理期間

 
玉堂記念木曽川図書館
住 所:一宮市木曽川町大字外割田字西郷中25番地
 
 (西尾張中央道外割田交差点の西約0.5キロ)
電 話  0586−84−2346
駐車場 少し離れた東北に80台収容できます 








     
川合玉堂生誕の碑
建設地は日本を代表する一宮市(木曽川町)出身の日
本画画家川合玉堂さんの生誕地です図書館敷地内
南東にあります





  玉堂記念展示室(入場料:無料)
3階に町が所有している川合玉堂の日本画8点が
交代で展示されています。ただし、一部は複製絵画
ですが、雰囲気は上々です。

なお、特別企画として「玉堂美術館」(東京青梅市)
と連携した「玉堂展」を開催したこともあり、今年度
も企画されているようですので、関心をお持ちの方
は市のホームページや広報誌などで、ご確認してく
ださい
     
図書館の風景
1階は図書館です。CDから月刊雑誌と幅広い資料が
整備されています。
また、平成14年4月から一宮市以外の稲沢市に在住
、在勤、在学の方は相互乗り入れで利用ができます
  キッズコーナー、DVD視聴コーナーもあり大人から
幼児まで幅広い世代でにぎわっています。


 



 一宮市立木曽川資料館
     
資料館は、昭和52年、当時の木曽川町に寄贈され
た民具類の収蔵・展示とした郷土資料館として発足
し、その後、黒田小学校内に移転、平成16年、現在
の建物に再度移転しています。
移転当時の国枝館長は、一豊顕彰会の事務局も
兼務され、NHK大河ドラマ「山内一豊」の好評を喜
びながらも病に倒れられ、その跡を川井館長に託さ
れております。
資料館の建物は、大正13年、旧木曽川町の議事堂
として建設され、国の有形登録文化財の指定を受
けています。
  住所:一宮市木曽川町黒田字宝光寺東18-1
(名古屋鉄道名古屋本線「新木曽川駅」下車・踏切を
渡り北へ徒歩5分)
JR東海道本線「木曽川駅」下車・徒歩15分
電話:0586−87−5197
開館時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(祝祭日、振替休日の場合は、その
翌日)



     
平成16年の移転時、NHK大河ドラマ「山内一豊」の
放映が決定され、出身地のひとつである当地も武
将観光に特化していました 
  尾張部の航空写真で歴史ロマンを探索 
     
NHK放送終了後、川井館長は新たな目論見として
民俗資料の展示を打ち出す。


  窓の写真は、綿の栽培記録と左のビニール袋に綿
が展示されています。管理人が提供したものを採用
していただきました。来年は、ここでも栽培される
予定です