ま ち づ く り その2
尾州・人・まちネットショップ交流会
(第四回)
  平成16年3月6日、「尾州・人・まちネットショップ」
(通称:BINET)の第4回交流会<懇親会>を15名
の参加を得て開運殿(真清田神社内)にて開催しま
した。
  懇親会の前に出席者から各人の近況報告をしてい
ただきました。写真の正面中央は、5月2日に開催さ
れる第四回「杜の宮市」の内容を説明している星野さ
んです。この後、参加者から宮市に対し、カンパがあ
りました。
後は、少々のお酒と豪華な肴で皆さん楽しく懇親
を深めました。
尾州・人・まちネットショップ
交流会(第三回)
  平成15年9月7日、「尾州・人・まちネットショップ」
(通称:BINET)の第三回交流会として、日本政策
投資銀行地域企画部参与役の藻谷浩介さんを講
師にお迎えし「市町村合併とまちづくり講演会」を開
催しました。今回は地域の重要な課題でもあるので
、新聞を介して市民の参加を募りました。
休日の夜間でしたが、公募の4名を含め約30名の
参加者がありました
講師の藻谷さん
当日、午後4時まで豊橋市のNPO団体の講演会に参加さ
れ、県内を東西に移動し、来ていただきました。昨年は25
0回以上の講演会に参加されましたが、今年も同様か、そ
れ以上の忙しさです。
全ての講演会が、地域特性を踏まえて説明されるため、毎
回異なる資料作成のため、本日も睡眠4時間という激務の
中ですが、午後6時開始し、午後8時過ぎまで、時間を延
長して熱心に講演していただきました

一宮市、尾西市及び木曽川町などの当地のデータを解析
したオーダーメードの資料で、具体的かつ分かりやすい内
容でした。講師の藻谷さんのご厚意でボランティアとして手
弁当でご参加いただきま
した。ありがとうございました
説明風景
液晶プロジェクタを指示棒で示しながらの説明です
。分かりやすい内容で、皆さんも熱心な聴講です。
参加者は一宮市、尾西市、木曽川町などから27
名が参加されました

尾州・人・まちネットショップ
交流会
(第二回)
  平成15年6月14日、「尾州・人・まちネットショップ」
(通称:BINET)の第二回交流会が雨天ながら22名
の参加を得て開運殿(真清田神社内)にて開催され
ました。
交流会風景
・合併に関する電子アンケート調査結果
・同アンケートの書き込み自由意見
・住民に広くPRする方策 などについて
活発な意見交換及び提案がなされました。
幅広い地域から多彩な人の参加で、真面目な会話を基調
としながら笑いも多くある充実した交流会でした。
参加者の皆様、ありがとうございました

尾州・人・まちネットショップ
交流会(第一回)
  平成15年4月24日、一宮市、尾西市及び木曽川町を
主な範囲として、まちづくり活動を行っている「尾州・人・
まちネットショップ」(通称:BINET)の交流会が約1年ぶ
りに16名の参加を得て開運殿(真清田神社内)にて開
催されました

平成12年3月発足以来、メーリングシステムによる意
見交換と会員が一同に介しての交流会及びタウンウォ
ッチングなどの活動を行ってきましたが、諸般の事情に
より、平成15年4月から新しくリニューアルし、新しいメ
ーリングシステム、新しいホームページを立ち上げての
発足です。
交流会の目的は、経過説明と新たな方針を説明し、会
員の意思を確認することが目的です
経過報告と新しい運営方針の説明風景
尾州・人・ネットショップの発足以来3年間の役割を
総括し、未だ役割は大きくはないが有志が集まった
存在を大切にしたい、市民団体の輪を繋ぐ機能が必
要、誕生した団体を継続すべしという会員の意見を
紹介し、今後は気軽に意見交換できる仲間作りを提
案、了承されました。また、交流会は原則として月例
会(担当:河合)としたい旨の提案・報告がありました

経過説明の後、メーリング・システムとホームページ
を担当する伊藤さんから新しい仕組みについて説明
がありました。
会員数は、平成15年5月6日現在で24名で、一宮
市、尾西市及び木曽川町の住民が参加されていま
す。

楽しい懇親会の風景です
報告を中心にした交流会の後は、楽しい懇親会です
。机の上に缶ビール、オツマミが登場しています。会
費制でのささやかな宴ですが、あちこちで楽しい会話
が交わされました。



BINETへは、プラウザの戻るをご利用ください。