名 所 ・ 旧 跡
 
油田遺跡全景
石碑説明文では真清田神社の祭神が当地に最初に
降臨した地とある。油田の地名の由来は神社の灯明
用の寄進地からとある
  七つ石遺跡全景
日本武尊が熱田から伊吹山に向かう途中に、この
地で剣を研いだと言われる。観光協会の説明文で
は古墳跡とも書かれているが、移転したものであ
り、規模、雰囲気ともその面影は見られない
 
笠懸の松
日本武尊が伊吹山遠征の途中、休憩した場所と伝えら
れている場所です





  「稲荷山古墳」
西側半分が削られているが、二段築成の方噴と
推定される。径40m、高さ6.6m、東方80mに
陪塚(ばいちょう)も認められる。付近には弥生・
古墳時代の元屋敷遺跡や飛鳥時代の伝法寺廃
寺が残る。
(昭和42年3月2日一宮市指定文化財
 
市教育委員会設置案内文
 
浅野公園
戦国武将浅野長政の屋敷跡を生かしたまま整備
された公園。5月上旬のツツジ祭りを開催。豊臣
秀吉正室北の政所ねねの歌碑がある
 
 
  重吉城址
本城は尾藤源内の居城と伝える。天正12年(15
84)、小牧長久手の合戦の時、徳川・織田方の
小牧山の付城として清須と小牧を結ぶ連絡確保
の役割を担う。同年9月7日、家康は重吉に陣を
布き秀吉と対峙した。
(平成2年3月建立 一宮市観光協会石碑より)