尾張のお祭り
このホームページの「まちもよう」では、最初に地元である一宮市及び稲沢市のお祭りを紹介して
いますが、未だ多くのお祭りがあるので、この「尾張のお祭り」のページでご紹介します。


 大縣神社豊年祭り・・・大縣神社(愛知県犬山市)
大縣(おおがた)神社は、愛知県犬山市の南部・本宮山の麓に鎮座しています。祭神は、尾張国
開拓の神様である大縣大神(おおがたのおおかみ)で、一宮の真清田神社に次ぐ尾張国二宮で
あり、二宮(社)とも呼称され、親しまれている。
陰陽石の信仰があり、本殿の背後に「姫石」が安置されていることから、姫之宮とも呼ばれている。
毎年3月15日直前の日曜日には、天下の奇祭とされる姫之宮の豊年祭りが行われる。


豊作祈願、厄除け祈願、安産祈願のお祭りです。



鳥居正面にある本殿の脇には、通称である「姫之
宮」の社標がある。姫石は、この背後に安置されて
いる。

神輿行列の出発は、午後1時頃、名鉄犬山線羽黒駅
近くの諸钁(もろくわ)神社です。
神輿は、ここから約一時間かけて大縣神社まで運ばれ
ます。
本殿は、丘陵地にあるため鳥居から登り坂となる。



     
隊列の後半を占めていた華やかな飾り花の隊列が
勢いよく境内を走りぬけます


  飾り花(正式な名称は不明)は、厄除けにいいと
され、奪い合いになります。
しかし数多くあるため、たくさん獲得した見物人に
お願いし、私も一本いただきました。


縣神社豊年祭り・・・田縣神社(愛知県小牧市)
愛知県小牧市の田縣神社は、祭神は、御歳神(みとしのかみ)と玉姫命(たまひめのみこと)とし、往古より五穀
豊穣の神様として崇敬されている。
当社では、例年3月15日、例祭である豊年祭りが挙行されており、御旅所である熊野神社から田縣神社まで大
男茎型を載せた神輿が渡行する。最終会場である田縣神社では、お祓い済みの布が厄除けとしてくばわれる。
御旅所の熊野神社を午後1時に出発し、田縣神社
へは、午後3時30分到着の予定です
  御旅所の熊野神社は山腹にあるため、神輿は階段を
ゆっくり進みます
     
厄除けとなる布をつけた竹飾りです。   神輿は午後3時30分田縣神社に到着します。
厄除けの布は、鳥居付近で見物人に渡されましたが
後で境内でも配布されており、入手できました。




 犬山祭・・・国指定重要無形民俗文化財(平成18年3月15日指定)
犬山祭は、当地の産土神を祀る針綱神社の祭礼であり、1635年(寛永12年)尾張徳川家付家老である犬山城主・
成瀬隼人正正虎(はやとのしょうまさとら)公の推奨で始まったといわれ、以来今日まで継承されてきた。
当初は、馬の塔と茶摘みの練り物が出されていたが、その後、18世紀中頃までに、ほとんどの町で現在使われている
車山(やま)の原形となる三層の車山が各町から出されたといわれている。
奉納からくりの出し物は、住民の信仰や能楽の一部からとられたものなどがあり、当初は素人の手作りでしたが、次第
にからくり専門の細工師によって作られるようになり、演技も巧妙になった。
     
練屋町衆の法被。被災地支援シールが見えます。   針綱神社拝殿、後に犬山城の入口があります。
     
 針綱神社鳥居前でのからくり奉納     鳥居側から見た山車のからくり奉納
     
石橋獅子(しゃきょうじし)<練屋町>    右手の花が獅子に変化しています



 亀崎潮干祭(しおひまつり)・・神前神社(かみさき)半田市亀崎地区
    潮干祭は、神前(かみさき)神社の祭礼で 社伝に
よれば、東征の途中、伊勢から海を渡ってこの地に
立ち寄った神武天皇を里人が小舟に桟橋を架けて
出迎えたことから、この伝説に因み、5輌の山車を
潮干の浜に曳き下ろしたことから、この名がつけられ
たという。
なお、神前神社の祭神は神倭盤余彦命(かむやまと
いわれひこのみこと)=神武天皇である。
祭の起源は定かでないが、元禄〜宝暦年間(17世
紀から18世紀前半)とされる。


・・・
国指定重要無形民俗文化財 
   (平成18年3月15日指定)
平成24年春のポスター    
     
神前神社鳥居前 御旅所の尾張三社から神前神社に向かう山車行列
     
潮干に向かう山車(午後1時30分頃撮影)   山車は海に直進し、直ぐに向きを変え浜辺を進み
ます。
     
 山車は神前神社に近づき整列します。   山車は神前神社前の広場に一台づつ曳き出され順
次、広場を三周し整列後、人形(カラクリ)が奉納され