愛知のお祭カレンダー
・・・・・
 詳細は、各地区のお祭りのページに掲載してあります。

 日時及び照会先  名称・場所 祭の写真等  主  な  内  容  コメント
 1月1日午前10時
30分及び午後2時

尾張万歳保存会
(0562-32-0872)
 国指定重要無形民俗文化財
 尾張万歳
元旦奉納公演

知多市八幡字荒古
<八幡神社>

  門付万歳、御殿万歳、三曲万歳の
3演目が八幡社境内で奉納公演
される。 
 
 1月3日午後夕方
 〜4日午前零時

富山村観光協会会(0536-87-2525)
国指定重要無形民俗文化財
御神楽(みかぐら)祭り
北設楽郡富山村字大谷
<熊野神社>
愛知・静岡・長野(三遠南信)の国
境にある孤立した富山村であるた
め、霜月神楽の原点である湯立て
神楽が見れる。
○会場の熊野神社
  及び周辺は階段
  が多く、懐中電灯
  及び手袋が必要
  です。
○道路の凍結注意
 1月3日 午後
県指定無形民俗文化財
天下の奇祭 てんてこ祭
西尾市熱池町
<八幡社>
   赤装束の厄男6人が太鼓や米び
つを担いで神社に向けて行進する
。うち3人の男の腰に大根で作った
男根をつけ太鼓の「テンテコ・テン」
の音色に合わせ、腰をくねくねさせ
る。八幡社の境内に着くと、厄除け
の藁灰を竹箒で撒き散ら散らす。
 
 旧正月の13日午後
稲沢市観光協会
(0587-22-1414)
県指定無形民俗文化財
国府宮はだか祭

稲沢市国府宮
<国府宮神社>
  数千人の42歳と25歳の厄歳の男
達が、神男(しんおとこ)に触り、厄
を落とそうともみう。
 ○神男の登場は午
  後4時頃である。
  2月11日
午前8時頃〜午
後10時頃

設楽町観光協会
(0536-62-1000)
国指定重要無形民俗文化財
 田峰(だみね)田楽
北設楽町田峰
<田峰観音>
   昼田楽、夜田楽、朝田楽の三部
で構成され、面の舞を中心とした
朝田楽は、芸能能史の研究に貴
重な田楽の再現とされる。
○昼田楽:
   午前8時頃
○夜田楽:
   午後4時頃
○朝田楽:
   午後8時頃
 旧正月7日に近い
  土曜日 夕方
滝山寺
(0564-46-2296)
県指定無形民俗文化財
滝山寺鬼まつり

岡崎市
<滝山寺>
   天下太平・五穀豊穣を祈念する
修正会(しゅしょうえ)。運慶作と伝
えられる祖父面、孫面をかぶった
鬼が登場し、大松明をもった人々
が乱舞しながら従います。
 ○鎌倉時代に源頼
  朝が天下太平や
  五穀豊穣を祈っ
  た
  のが起源とされる。
 2月10、11日
正午頃〜午後4時頃
安久美神戸神明社
(0532-52-5257)
国指定重要無形民俗文化財
神明社の鬼祭
豊橋市八町通
<安久美神戸神明社>
   田楽祭に取り入れた赤鬼と天狗
の「からかい」は無言劇。戦いに負
けて改心した赤鬼は町内を駆け巡
り、厄除けのタンキリ飴をまきます。
鬼祭を境に三河路に春が訪れると
される。
 ○タンキリ飴は、白
  い粉と共に撒か
  れます。
 2月13日
午後7時30分頃

西尾市観光協会
(0563-56-2111)

国指定重要無形民俗文化財
鳥羽の火祭り

西尾市
<鳥羽神明社>

   1,200年前に始まると伝えられる
。竹と草がやで作った東西二本の
「すずみ」に火が付けられ、豊凶を
占う。
 ○歳男達が古い幟
  旗で作らた独特
  の衣裳を身にまと
  い、水を被り、「す
  ずみ」の中から神
  木を取り出す。
 3月上旬
 午後6時頃〜
  翌日午前8時頃
花祭り保存会
会長 尾林良隆
(0536-78-5222)

 国指定重要無形民俗文化財
 花祭り
(布川=ふかわ地区)
北設楽郡東栄町布川
<布川集会所>
  花祭りの起源は、古代からの山岳
信仰に熊野修験者が先導・導入し
たとされる。本来は旧暦霜月(11月
)に行われていた。冬至の月で一年
で最も夜が長い季節であり、「死に
一番近い季節」と考えられた。
悪霊をはらい,湯を立て,全国から
神々を呼び寄せ,五穀豊穣,家内
安全などを願う祭りである。
 ○愛知県内で行わ
  れる花祭りの最
  後である。しかし
  一晩徹夜すると
  未だ底冷えする
  寒さである。
 3月15日直前の
日曜日
午後1時頃
大懸(おおがた)神社
豊年祭

犬山市字宮山
<大懸神社=姫の宮>
   五穀豊穣、厄除け祈願の祭であ
るが、女性がシンボルとなっている。
 
 3月15日
午後1時頃
田懸(たがた)神社
豊年祭

小牧市
<田懸神社>
   五穀豊穣、厄除け祈願の祭であ
るが、陽根がシンボルとなっており
、木製の陽根が神輿に飾られる珍
しい祭である。
 
 3月の第二日曜日
午前10時30分頃
愛西市社会教育課
(0567-37-0231)
勝幡(しょばた)オコワ祭
愛西市
<勝幡神社>
   勝幡神社の春の大祭で供物の一
つに樽詰めのオコワ(強飯)がある
ことから「オコワ祭」と呼ばれる。
神様の食事を地域の人々が一緒に
頂くことで、幸せを分かち合う行事
である。
 
 4月7、8日に近い
  土日曜日

豊川市観光協会
(0533-89-2206)
 県指定無形民俗文化財
若葉祭(うなごうじ祭)

豊川市牛久保町
<牛久保八幡社>
   正しくは、若葉祭りというが、やんよ
う(八百萬=やおろず)神という囃子
方が道路上に寝転ぶ様がうじ虫(方
言で長尾蛆=おながうじ)に似てい
ることから、うなごうじ祭りと呼ばれ
るようになったとも言われる。
奇妙な動作は、城主への感謝を表
現した農民の姿といわれる。
 ○祭の最後の行事
  である「三つ車」
  は必見である。
  午後8時30分頃
  から牛久保八幡
  社前で行われる。
 4月第一日曜日 国指定重要無形民俗文化財
犬山祭
犬山市
<針綱神社>
   13輌の豪華な車山(やま)が針
綱神社に勢ぞろいし、からくりを奉
納する。また城下町の辻で車山が
豪壮に方向展開する「どんでん」の
迫力は見ものである。
 ○夜には、提灯の
  灯りを灯した絢爛
  な「夜車山(よや
  ま)」が見れる。
 4月第3日曜日
 二十五菩薩来迎会
(にじゅうごぼさつらいごうえ)
あま市
<蓮華寺>
   蜂須賀蓮華寺の御開帳行事で、菩
薩の面をかぶった二十五の菩薩衆
が装束を付け菩薩の身代わりとな
ることで災厄が払われるという珍し
い練り供養である。
 
 5月 国指定重要無形民俗文化財
 亀崎潮干(しおひ)祭

半田市亀崎町 
<神前(かみさき)神社>
   神前神社の大祭でカラクリ人形を
戴き、精緻な彫刻や豪華類で装飾
された5輌の山車を海浜に曳き下ろ
す勇壮華麗な祭である。
 
 7月上旬の土曜日
午後7時頃
稲沢市観光協会
(0587-22-1414)
 県指定無形民俗文化財
祖父江の虫送り
稲沢市
牧川小学校周辺
   源平の合戦のおり、当地区で平家
方の斉藤別当実盛の馬が稲の切
株につまずいたところを討ち取られ
、稲を荒らす害虫になったと伝えら
れている。その害虫を追い払い、実
盛を鎮めるため実盛のわら人形を
掲けて松明などの行列とともに練り
歩き最後に人形を燃やして豊作を
祈願する。
 
 7月第四土日曜日
津島市観光協会
(0567-28-8051)
 国指定重要無形民俗文化財
尾張津島天王祭

津島市 
<天王川公園>
   織田信長も見学した記録が残る。
宵祭では、一年の月数の12個の提
灯が縦に、日数の365個の提灯が
丸く飾られた5艘の船が川面を進む
。朝祭は、模様替えした川舟から十
名の若者が池に飛び込み、御旅所
まで泳いだ後は、津島神社まで走っ
て布鉾を奉納する。布鉾から滴る水
滴が厄除けによいと信じられている。
○宵祭:
  土曜日18:00〜
○朝祭:
  日曜日 8:00〜
 7月28、29日
 18:00頃〜22:00
頃まで
刈谷市観光協会
(0566-23-4100)
 万燈(まんど)祭
刈谷市銀座
(秋葉社周辺)
   安永7年(1778)から230年以上続く
万灯祭。高さ約5メートル、重さ約6
0sの武者人形をかたどった「万燈」
を若者が一人づつ担ぎ、笛と太鼓
に合わせて舞い踊る。
 
 8月第一土日曜日 国指定重要無形民俗文化財
須成祭

海部郡蟹江町
<冨吉建速神社・八剣社>
   「四百年近い歴史があるとされる「
須成祭」が蟹江町須成地区の蟹江
川で行われる。宵祭は、たくさんの
提灯を半球形に飾り付けた「巻きわ
ら船」が約5百メートル上流の天王
橋まで進む。翌日の朝祭では梅や
桜の造花で飾られ、天王橋で厄除
けとして配られる。
 
 8月10日及び15日
午後7時頃
平勝寺
(0565-62-2241)
国指定重要無形民俗文化財
綾渡(あやと)の夜念仏と盆踊
豊田市綾渡町
<平勝寺>

   江戸時代から伝わる。菅笠に浴衣
姿の男衆約20人が夕刻時、参道
入口に集結、「南無阿弥陀仏」を唱
えながら境内を練り歩く。この後、太
鼓等楽器を使わず、歌だけで踊る
盆踊りがある。
 
 8月21日
午後2時頃
香の物(こうのもの)
愛西市
<萱津神社=かやつ>
   日本で唯一の漬物の祖神を祀る
萱津神社の例祭である。
 
 8月第三日曜日
昼過ぎから
豊川市観光協会
(0533-89-2206)
赤坂の「雨乞祭」 
豊川市赤坂
<宮道(みやじ)天神社>
   旧赤坂宿を若者たちが絢爛豪華
な歌舞伎衣裳で練り歩く時代絵巻。
 
 8月下旬
午後7時頃から
諏訪神社
(0563-73-4276)
 三河一色大提灯まつり
西尾市一色町一色宮添
<一色諏訪神社>

  約450年前、毎夜現れて人畜農作
物を荒らす海魔退散を願い、大篝火
 を焚いて祈願したのが始まりとされ
る。最大で高さ約10m、直径約5.
6mある大提灯12張が掲げられる。
ろうそくも、高さ約1mあります。
 
 旧暦8月1日
(平成24年9月16日)
午後1時頃
一宮市観光協会
(0586-28-9131)
県指定無形民俗文化財

芝馬祭
一宮市
<白山神社>
   鎌倉時代、第二時蒙古襲来時、国
を挙げて防戦。当地よりも多数の戦
士、軍馬が出征した。特に、この地
方より徴収された軍馬は抜群の功
績をあげたといわれる。この軍馬の
戦功になぞられて、芝草にて神馬を
作り、神々の御帰還をお迎えした遺
風が芝馬祭りである。