稲 沢 の お 祭 り
国府宮はだか祭  
旧正月13日、稲沢市の国府宮神社において「国府宮のはだか祭」が行われました。約1200年の歴史を持ちます。
今から1240年前から開始された歴史がありますが、今のように形は江戸時代末期からとされます。
 尾張部一帯の各地から、厄除けを祈願した、彩豊かな手拭を「なおい笹」と呼ばれる竹に飾り、裸男が神社に奉納
する前段と、奉納後に裸男の集団が「神男(しんおとこ)」に触り、厄を落とそうともみ合う「儺追神事(なおい)」が行わ
れます。
ここに紹介する写真は、平成16年2月3日(木))と平成20年2月7日(土)の様子です。
儺追布(なおいぎれ)作成過程
朝8時から作業を開始します。 上部に奉納、中央に
尾張大国霊神社、右側に奉納希望者からの願い事で
ある家内安全、交通安全、学業成就など、左側に奉納
者の干支、男女(おとこ、または、おんな)と書いて完成
です。
儺追布は上部を竹で通し、タコ糸で儺追笹(なおいざさ)
に付けられます。午後1時頃に出発します。




国府宮神社楼門前の一風景
はだかの集団が続々と神社に向かいます
大鏡餅(平成16年2月3日撮影)
神社周辺の町から奉納されます
 平成21年2月撮影 大きな画像へ
   
 午後4時30分、笹奉納が終わり、厄を引き受ける神
(しん)男が登場しますこの神男に触ると、より厄祓い
の効果があると信じられ、裸男が殺到します。
人々の顔が中央を向いており、神男がいます
(平成21年2月撮影) 
  神男(しんおとこ)に触れる最後のクライマックスです。
中央の建物に引き上げれ、祭りは終わります。



祖父江の虫送り・・・愛知県指定無形民俗文化財 
私は、昨年夏、この「虫送り」を見学に行き、中止に
なったことを現地で知り、残念に思っていました。とこ
ろが、インターネットで見ていたら、今年は実施される
と書かれており、稲沢市役所祖父江庁舎で確認する
と、親切に教えていただきました。さらに、当日の中
日新聞尾張版にも掲載されました。少雨ながら、デジ
カメを抱え、難儀しながらの約30分の見学です。
(11.07撮影)
虫送りは、源平の合戦のおり、稲沢市(旧祖父江町)島
本新田地区で、平家方の斉藤別当実盛(さいとうべっとう
さねもり)の馬が稲の切り株でつまずいたところを敵に討
ち取られ、稲を荒らす害虫になったと伝えられている。そ
の害虫を追い払い、実盛を鎮めるため、実盛のわら人
形を掲げて松明などの行列とともに練り歩き、最後に人
形を燃やして豊作を祈願する。
(11.07撮影)
わら人形、馬、松明は、稲沢市立牧川小学校の講
堂で作られた
夕刻7時30分ころの出発です。(11.07撮影)
行列は、学校の東にある田園地帯に向かい、途中
で松明に火がつけられ、田に向かい松明を振りかざ
し、害虫退散、豊作祈願を行う。
(11.07撮影)
最後に、牧川小学校東の空き地に用意された虫送り昇
天会場に行き、人形を燃やして豊作を祈願する。

(11.07撮影)


こがし祭り

稲沢市北市場の立部神社で、五穀豊穣を祈願する「こ
がし祭り」が例年7月の第三土曜日に開かれる。今年
は、7月22日でしたが、昨年に引継ぎ、見学しました。
この祭りの由来には諸説あるらしいが、市役所の資料
では、江戸時代寛文年間に飢餓がおき、村名主の夢
枕に須佐乃男命(すさのおのみこと)が現れ、「少しの
麦でもよいので奉納してくれ」というお告げどおりにし、
飢餓が収まったため、神様に感謝する祭りが始めと言
われている。
このとき奉納した団子の名を「こがし」と言ったことから
、祭りの名称に因むという。
祭りの夕刻、市指定文化財の山車2台が倉庫から引き
出され、提灯や紙の花を飾ったドングリの枝が飾られる









暗くなる午後7時30分頃、提灯に火が灯される。山車
の中心には12個の提灯を付けた柱が立っている
紅白の花が付けられた山車
祭りの最後は、山車から花が投げられ、奪い合う 花は家に飾ると家内安全になるとされる。一年後、神社に
帰され、祭り当日、燃やされていた